TOP > SEO対策上級編 > サーチエンジン対策のLPO、SEMとは?

サーチエンジン対策のLPO、SEMとは?

SEOでは対策として不十分?

 サーチエンジンの検索アルゴリズムは常に変更されています。

 そのため、何年にも渡って効果が持続するSEO対策と言うものは基本的に無い
 と考えて下さい。

 そこで、現在は「LPO」と「SEM」が基本的なサーチエンジン対策となります。

LPOとは?

 LPOとは、ランディングページ最適化と呼ばれるもので、グーグルやヤフーで検索する事によって訪れた人が見る個別ページについて、 直ぐにその検索者に必要な情報を提供し、このサイトは有益であると判断させて長くサイトに滞在させたり、自分の本当に来させたいページへの誘導を図る対策の事です。

 この場合、下手な小細工よりも、コンテンツの内容を重視する事が重要となります。また、検索結果をクリックしてすぐに必要な情報を確認できるように、 ページをスクロールしないで視認できる範囲にバナーや画像、重要な内容を掲載する事で次のアクションを取りやすい形を作るデザインの領域も入ってきます。

 LPOはサイト全体の構成も考える必要があり、また、コンバージョン率(最終的に来てほしいページへのアクセス数や商品の販売に結びついた結果の割合) を高めるには、それ相応の知識とサイト作成能力が必要になってきます。

 商品の販売やアフィリエイトを目的とした場合、このLPOを初めから行うには知識と経験が不足している場合が多く、 十分な成果が得られないまま、諦めるパターンが多くなってしまいます。

 そこで、もう一つの対策、「SEM」対策が出てきます。

SEMとは?

 SEM対策とは、サーチエンジンマーケティングの略で、SEMの中にSEOも含まれています。しかし、最近ではSEMはサーチエンジン連動型広告(PPC広告)の事を指す場合が多くなっています。
 PPC広告とは、サーチエンジンの検索結果右側や上部に出ている広告の事で、以下の画像の赤枠の中の事を言います。

 これは他の対策とは異なり、広告さえ出せば必ず検索結果トップページに自分のサイトへのリンクを掲載する事が出来ます。 つまり、SEO対策やLPO対策等、ある程度技術力がいる対策をして表示させたページを差し置いて、広告を出したリンク先が上位に表示されるため、結局はそちらに検索者を奪われる結果となります。

 では、その広告とはどうやればいいのか?現在日本の検索エンジンシェアはグーグルとヤフーでほぼ寡占状態にあります。 ですから、グーグルとヤフー両方に広告を出すのが最も効果があるのですが、それだと資金的にはかなりの出費となります。 通常日本人が検索エンジンを利用する場合、インターネットに慣れている層はグーグル、あまりパソコンに詳しくない層がヤフーを利用する傾向にあります。 自分が来させたいページがどちらの傾向にあるかで選択が変わりますが、最終的なコンバージョンはヤフーの広告が効果があると言われています。

 では、ヤフーの検索結果に広告を出すにはどうすればいいのか。それは、ヤフーリスティング広告というものを利用する事になります。 リスティング広告には2種類あり、スポンサードサーチとインタレストマッチがあります。サーチエンジン連動型広告はスポンサードサーチの方ですから お間違いのないように。詳細は下記バナーからご覧ください。

関連記事

サーバー代を無料にする方法

お名前どっとコムを利用した、100GBの巨大容量サーバー代をゼロで済ませる方法を掲載。

スポンサードリンク